本文へスキップします。

[All]hlink
hlink
H1

ESG方針

ESG方針
ESG方針の理念
世界的な責任投資の動きが活発化する中、近年、日本においてもスチュワードシップ・コードやコーポレートガバナンス・コードの導入が進められています。このような流れを受けて、投資家の皆様からもESG対応を求める声が高まっています。
当グループでは、このような投資家の皆様を含めたステークホルダーからの期待に応え、広く社会的な規範を遵守し、社会に貢献するため、パートナーシップを結ぶ投資先企業との新たな価値創造およびリスク管理を目的としたESG方針を策定しました。

ESG方針の目的
当グループの企業理念は、「あらゆる人との調和(ユニゾン)によって企業価値を高めることです。
当グループはESG方針にもとづき、投資先企業・投資家を取り巻くステークホルダーの皆様との調和(ユニゾン)を図り、更なる企業価値向上に貢献するため、ESGの非財務的要素を投資プロセスにおいて可視化し、企業価値の向上およびリスク管理体制を強化します。

ESG方針の適用範囲
本ESG方針は、原則として、当グループ及び当グループが運用するファンドの全ての投資先企業に適用します。本ESG方針が策定する前に投資が行われた投資先企業であっても、現在支配権を有していれば適応対象とします。

ESGへの取り組み
対象となるESG項目
ESG活動として、以下の項目等の改善に積極的に取り組みます。また、投資先企業およびそのグループ会社等が事業を行う国・地域の国内法令の順守を確保します。
  • 環境: 法規制(大気、排水、廃棄物、土壌地下水汚染等)にかかるコンプライアンス
  • 社会: 反社会的勢力の排除、報酬システム・労使関係・安全衛生・研修教育機能・労働条件・顧客の安全衛生・顧客情報のプライバシー
  • ガバナンス: コーポレートガバナンスにかかるコンプライアンス、取締役会の独立性、ダイバーシティ

特に「ガバナンス」は当グループにとって、これまでの豊富な投資経験に裏打ちされたソリューションスペースを提供することで新たに価値創造する余地が大きく、スクリーニング及びデューディリジェンス段階での発見事項等については、「改善」による企業価値向上効果の視点を重視します。

  1. スクリーニング(ESGプレデューディリジェンス)
    投資にあたっては、投資先候補企業に対して、投資前にESGチェックリスト等を活用してスクリーニングを実施し、必要に応じて外部専門家を起用し、ESGプレデューデリィジェンスを実施します。
  2. デューディリジェンス
    投資先候補企業のデューディリジェンスが必要とされた場合、デューディリジェンス段階において、ESGプレデューディリジェンス時に重要とされた対象項目に関し、外部専門家を起用してESGに関連するデューディリジェンスを実施します。
  3. 保有期間におけるモニタリング
    保有期間中は、投資先企業においてデューディリジェンス実施時に確認されたESG項目をモニタリングするとともに、必要に応じてESG方針の策定やKPI設定、CSR報告書の作成を支援します。また必要に応じて投資先企業に対して、ESG関連事項に関する報告を求めます。
    なお、その他重大インシデントが起きた際には、投資先企業に速やかに報告を求め、投資先企業の取締役会等を通じて改善を目指します。
  4. 投資家の皆様への報告
    投資家の皆様に対しては、投資先企業の通常ESG活動に関する情報は年次の頻度で、重大インシデントに関しては速やかに報告します。